横浜DeNAベイスターズ旗争奪少年野球大会

大会概要

 横浜瀬谷ボーイズは、野球を通じて子供たちの健全育成を図るとともに、野球の魅力を地域に発信して競技人口の増加へと繋げるため、その趣旨にご賛同いただい横浜市、(株)横浜DeNAベイスターズ、(株)横浜スタジアムのご後援を賜わり、県内外の野球関係者様とともに「横浜DeNAベイスターズ旗争奪少年野球大会実行委員会」を組織し、平成20年(2008年)から同大会を主管開催しています。
 東京オリンピック・パラリンピックに向けて競技の更なる盛り上がりを図るため、平成30年(2018年)からはソフトボール大会も加え、現在では野球とソフトボールを併せて総勢200チームを超す県内最大規模の大会となっています。

〈令和2年度(第14回)大会中止のお知らせ〉
 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、第14回(令和3年度)大会は中止とさせていただきました。

主催

 横浜DeNAベイスターズ旗争奪少年野球大会実行委員会

主管

 横浜瀬谷ボーイズ
 財団法人日本少年野球連盟神奈川県支部

後援

 横浜市
 (株)横浜DeNAベイスターズ
 (株)横浜スタジアム

基本理念

 野球とソフトボールを通じて子供たちの体力の向上と健全な精神の育成を図るとともに、地域との交流を深め、競技の更なる普及と発展に寄与する。

出場資格

 選手は小学生の男女、指導者は20歳以上の成人で結成されたチームであること。

大会参加費

 1チーム3,000円
 ※ 1チームをA・Bと2チームに分けて出場する場合は、それぞれに参加費が必要。

大会役員等

名誉会長 木村洋太
(横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長)
会 長 花上喜代志
(横浜市議会議員)
特別顧問 小峰裕良
(神奈川県少年教育親善野球連盟名誉参与)
代 表 武田康子(横浜瀬谷ボーイズ代表)
事務局長 土志田恵(横浜瀬谷ボーイズ)
副会長 谷 保(横浜瀬谷ボーイズ顧問)
 関 武夫(横浜瀬谷ボーイズ副会長)
 杉山千春(横浜瀬谷ボーイズ監督)
 武田康子(横浜瀬谷ボーイズ代表)
 堀川 豊(若竹ファイヤーズ監督)
常任理事 磯野 稔
(前日立ソフトウェアソフトボール部監督)
 横井茂記(瀬谷ライダーズ)
 望月茂雄(瀬谷ライダーズ)
 中村武志(上瀬谷タイガース)
 飯野貴至(市場ハリケーン)
 古長屋竜行(YBC)
 伊藤 一(岡津ビッグライナーズ)
 松本義孝(保土ヶ谷ベアーズ)
 坂本亮一(スモールハリケーン)
 吉竹 敏(小田原ハリケーン)
 小泉正志(六浦睦スネークス)
理事長 相澤 翼(横浜瀬谷ボ-イズ)
実行委員長 亀山真一(横浜瀬谷ボーイズ)
事務局 田川美和(横浜瀬谷ボーイズ)
野村浩志(横浜瀬谷ボーイズ)
実行委員 桝尾知巳
 保坂 茂(ニュー横浜スターズ)
 佐藤英雄(汲沢マリナーズ)
 福井次郎(東台カルテックス)
 永田 智(本町少年野球部)
 鈴木浩輔(南河原リトルウィングス)
 遠藤謙一(常盤台F少年野球部)
 小仲井一弥(錦町ドリームス)
 桑山嗣俊(戸塚アイアンボンドス)
 野坂三智雄(今宿スターズ)
 中野博章(小倉少年野球部)
 秋山和彦(伊勢原フレンズ)
 尾野昭一(台谷戸ブルーファイターズ)
 岩波 光一(本牧元町北部少年野球部)
 常盤雄一郎(戸塚AFCホークス)
審判部 石井恒夫(横浜瀬谷ボーイズ)
 宮坂 守(横浜瀬谷ボーイズ)
 手塚幸由(横浜瀬谷ボーイズ)
 木嶋 敏(横浜瀬谷ボーイズ)
 神元一哉(横浜瀬谷ボーイズ)
 菅原英哉(横浜瀬谷ボーイズ)